システム関係者が把握しておくべきIFRS時代の管理会計システム強化ポイント ~ 業務アプリケーションとBIが生み出す相乗効果 ~(福岡開催)

住商情報システム株式会社 2010年05月19日

開催場所: 福岡

開催日:  2010年6月11日

申込締切日: 2010年6月10日

タイムリーに必要なデータを収集、分析し、意思決定を行っていきたいという普遍的なニーズに対し、例えばERPパッケージとBIツールを連携させたシステムを構築することが、課題解決の方法の一つであるとご理解いただいている方々は多いと思います。他方、そのような普遍的なニーズにさらに追い討ちをかけるかのように、 IFRS時代においては『マネジメントアプローチ』といった観点での開示が必要となるなど、管理会計へ求められる市場のニーズは高まる一方です。そのような将来に向け、システムに関係する方々はどのような準備をしておくべきなのか、管理会計分野におけるシステム構築の難しさや勘所、システム担当者として社内の業務部門に対するシステム改善効果の提案ポイントなどについてご紹介させていただきます。

<会場>
住商情報システム九州支社セミナールーム
福岡市博多区博多駅前3-30-23 博多管絃ビル
JR「博多駅」より徒歩10分
地下鉄市営空港線「祗園駅」出口5番より徒歩8分

<セミナー内容>
15:00~15:50
今、システム関係者が知っておくべきIFRSに向けた管理会計の強化ポイント

~ 休憩 ~

16:00~16:50
表計算ソフトからの脱却! 経理・財務担当者が喜ぶBI活用 必勝法

関連情報へのリンク »

住商情報システム株式会社の関連情報

住商情報システム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]