公認会計士が語る情報開示まで見渡した「IFRS対応」!                             ~ 開示アプローチで進める効率的な「IFRS対応」とは ~

住商情報システム株式会社 2010年09月02日

開催場所: 東京

開催日:  2010年9月17日

申込締切日: 2010年9月16日

日本における2010年は、日本企業のIFRSによる情報開示がスタートし、アドプション準備が本格化する大切な第一歩の年です。IFRS対応を考えるにあたっては、業務プロセスや基幹システムへの影響に注目することはもとより、日常業務から情報開示に至るまでを一気通貫で見渡した取組みも重要になります。本セミナーでは、IFRS最前線で活躍する公認会計士が、開示アプローチで進める効率的なIFRS対応について、事例を交えながら解説致します。また、決算イノベーションを支援するERPパッケージ「ProActive E2」と連結会計ソリューション「DivaSystem」についても合わせてご紹介致します。

14:00~15:00
【基調講演】
情報開示まで見渡した「IFRS対応」
~開示アプローチで進める効率的な「IFRS対応」
 
15:10~15:50
【連結会計】
IFRS時代のグループ連結経営ソリューションのご紹介
~グループ統合元帳から連結決算、経営情報活用・分析、そして開示まで~
 
15:50~16:20
【個別会計】
IFRS時代の基幹業務システムに本当に求められる機能とは?
~IFRSアセスメントサービスとERPパッケージ「ProActive E2」のIFRS対応概要~
 
※内容は予告無く変更することがございます。予めご了承ください。
 
※セミナーのお申込は弊社Webサイトにてお受けしております。詳しくは弊社Webサイトをご覧ください。

関連情報へのリンク »

住商情報システム株式会社の関連情報

住商情報システム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]