編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

iPhoneアプリ 顔認識ARアプリ開発講座 顔認識を使って「笑い男カメラ」を作っちゃおう!」

株式会社オープンウィンド

2013-02-04

開催場所: 神奈川

開催日:  2013-03-17

申込締切日: 1970-1-1

本講座は、iPhoneのカメラを使い、人の顔をAR(拡張現実)マーカとして攻殻機動隊に登場する「笑い男」の1シーンのようにカメラで見ると人の顔が「笑い男」のキャラクターに変身
そんな面白アプリを作る講座です。

応用すれば、ヘアスタイルシミュレータやメガネシミュレータなどにも応用できます。

講義での手順通りに行えば、プログラミング経験のない方でもこのアプリを作ることが出来る講座になっています。
しかし、プログラムの内容を理解するにはiPhoneアプリ開発に必要な知識が必要です。
プログラミング経験がない場合は「iPhone・デベロッパーズ・カレッジ 基礎コース」の受講をお勧めします。

【開催日時】
2013年3月17日(日) 11:00-13:30

【受講費用】
10,500円(税込)
2月18日までにご成約の方
早期ご成約価格として20%OFFの8,400円(税込)

【カリキュラム】
1. ビデオキャプチャーを行う
2. キャプチャー画像をもとに顔認識を行う
3. 顔認識結果から「笑い男」画像をオーバレイする
4. 合成画像をカメラロールに保存する

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]