編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

【オンデマンド配信】顧客志向の商品体験でマーケティングを強化する ~まず取り組むべき文脈的な商品情報管理・商品データ資産の構築~

株式会社Contentserv

2021-03-23

開催場所: WEB

開催日:  2021-03-23~2021-12-31

企業にとって、いつの時代も自社の商品やサービスはビジネスの中心です。どんなに顧客接点系の仕組み・プロセスを強化しても、肝心な商品の魅力が伝わらなければ意味がありません。良いものを作れば売れる時代はとうに過ぎ去りました。今日の顧客が求めるのは、スペック中心のモノ情報よりも、エモーショナルな琴線に触れるコト情報です。
そしてDX時代において、マーケティング・営業機会創出に直結するのが、それら商品データを資産として充実化させることです。しかし、商品データ資産を構築し、マーケティングや営業施策として活用できるように常に最新ステータスに保つことは人的な工数などの様々な課題が浮上します。

本ウェビナーでは、

・顧客に選ばれる商品体験の創出をサポートする商品情報管理サービス
・商品データ資産を構築する商品登録業務の自動化AIサービス

の2本立てでご案内します。
この機会に是非ご参加ください!


●プログラム

「顧客に選ばれるための商品体験管理」(30分)

デジタル化がますます加速し、お客様のニーズも日々変化する中、多くの企業が営業・マーケティングのデジタル化に取り組み始めているかと思います。
一方で、取り組みを進める中では、散財する商品データ、分断されたプロセス、非効率なメンテナンス作業など、様々な課題に直面されているケースも多いのではないでしょうか。
これらの課題を解決し、お客様によりよい購買体験をお届けするための第一歩となる商品情報管理の仕組みとその効果についてご紹介いたします。

【講演者】
株式会社Contentserv セールスマネージャー
小菅 徹哉氏


・「DXの軸を作る!データ資産構築へのAI活用」

顧客の購買機会を最大化する為には、
・商品点数
・商品情報量
を商品データ資産として拡張し、それらの情報を活用して効果的なマーケティングや営業施策を打つことが重要です。しかし、商品データ資産の拡張に比例して商品登録業務の工数も増加してしまっては本末転倒です。商品データ資産の拡張・商品登録を自動化するフルカスタマイズAIサービスのご紹介を致します。

【講演者】
マクニカネットワークス株式会社 AIビジネス部
阪田 陽樹

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]