編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

1ランク上のセキュリティレベルを実現 クラウドでもユーザ主動の鍵管理!?

株式会社クライム

2021-10-30

開催場所: WEB

開催日:  2021-12-03

申込締切日: 2021-12-2

EntrustのKeyControl(旧HyTrust製品)は、VMwareの認定試験に合格したKMSの一つであり、FIPS140-2 レベル1準拠の鍵管理ソフトウェアで、様々な環境の暗号鍵を一元管理することができます。

昨今では、オンプレミス環境だけでなく、プライベート/パブリッククラウドにデータを配置、運用したいというニーズも増えてきましたが、クラウドの利用はセキュリティを犠牲にしてしまうのではないか、とお考えの方も多いと思います。
クラウドセキュリティでも一番大切なのは暗号鍵の管理です。

Entrust KeyControlでは、新機能であるBYOK機能によって、クラウドネイティブの暗号化機能利用時にも、クラウドプロバイダー主動の暗号鍵管理ではなく、ユーザ主動の暗号鍵管理が行えるようになりました。
これによって、クラウド利用時のセキュリティをより向上させることができます。

このウェビナ―では新機能のBYOKやKeyControlのアーキテクチャのほか、メール通知やクラスタ構成などの便利機能もご紹介。
簡単に堅牢なセキュリティを利用できる特徴をご案内します。

また、機密情報を取り扱う組織向けに、KeyControlと連携することで、クラウドでもFIPS140-2 レベル3に準拠できるハードウェア・セキュリティ・モジュール、nShield HSMをご紹介します。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]