渋谷ヒカリエにオープン!デジタルテクノロジーのためのコミュニティスペース「Azure Antenna」

短時間でFeedパーサーを実装するハンズオン

 最後に、当日行われたハンズオンの内容についても、簡単に紹介しておこう。このハンズオンでは、サーバレスで簡単なFeedパーサーを開発するものだ。作成手順は、大きく3つに分かれている。

 1番目の手順では、Azure Functionsのデプロイ方法を確認するため、Hello Worldを表示させる。これはとても簡単で、AzureポータルでAzure Functionsのテンプレートを選択するだけで、ほぼ完了してしまう。

 2番目の手順では、指定したHTTPトリガーで、フィード情報をAzureのQueueストレージに書き込む。Queueストレージは、FIFOとして動作し、マイクロサービスの非同期なメッセージバッファーなどに使用できる。

 3番目の手順では、Queueトリガーで、取得したフィードURLを元にクローリングを行い、その内容をCosmosDBに格納する。これで、フィード情報に基づいて、Webページの更新内容を自動取得することができる。今回は、フィード情報をパースするために、Pythonベースのfeedパーサーをpipでインストールした。この時、Azureポータルで利用できる高度なコマンドラインインターフェース「Kudu UI」を利用した。

ハンズオンサンプルの処理フロー ハンズオンサンプルの処理フロー
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回作成したサンプルアプリケーションは、非常に単純なものだ。ハンズオンの手順も、用意されたコードをGithubから貼り付けるだけで、数10分で完了した。しかし、Azureが提供するAzure Functionsなどのコンポーネントの強力さと多様さは感じることができた。個人的なプロジェクトとしてアプリケーションを作ったら、いったいどんなものができるのか、十分に想像力を刺激された。

Azureポータル上で、Pythonコードを編集・実行・検証できる Azureポータル上で、Pythonコードを編集・実行・検証できる
※クリックすると拡大画像が見られます

 ハンズオンの資料やサンプルコードなどは、Connpassの該当ページから入手できる。Azureも、充実した無料アカウントを提供しており、1か月間有効な20,500円分のクレジットがあるほか、その後12か月の間無料で利用できるサービスがそろっている。

 このような変化の速い技術についてトライしてみるのは「まだまだリスクが高い」「もっと安定してから試そう」と考える人も少なくないだろう。確かに、Pythonを利用して、Azure上でサーバレスなアプリケーションを実開発には制約も多い。

 しかし、今回のようなワークショップに参加することで、そのエッセンスを短時間で把握することができる。モダンな開発環境について経験値を増やすこともできるだろう。現在のマイクロソフトが持つスピード感であれば、アッと言う間に環境が整備されてもおかしくない。その実力を体感できるという意味でも、Azure Antennaで開催されるワークショップは興味深いものばかりだ。

 また、Azure Antennaというユニークなコミュニティスペースの存在も捨てがたい。周りのアートギャラリーやイベントスペースの内容も、クリエイティブな刺激を与えてくれるはずだ。

 Azure Antennaをあなた自身のプロジェクトのために、活用してみては如何だろうか。

提供:日本マイクロソフト株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年6月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]