編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

モバイルアプリを活用し利益をあげる為の「3つのポイント」

スマホ片手に、自分にとって都合の良い時間、場所、方法で商品を購入する、いまやごく一般的な消費行動であろう。顧客の消費行動における一連の流れから複数のチャネルを統合的に捉えようとする「オムニチャネル」への動きも、小売業を中心に急速に広まりつつある。

今日、「モバイルアプリ」を活用して利益をあげようとする企業において、「ユーザー体験(UX)」を分析し最高化することが最大の課題となっている。

 モバイルデバイスとモバイルアプリの登場により、ビジネスの主導権は「顧客中心」へと一気に変わった。ビジネス展開のスピードにアプリ開発を同期させようと、ビジネスアイディアをいち早く形にし、リリースした上で、顧客からユーザー体験(UX)に関するデータを収集・分析、その結果を次のアイディアへとフィードバックするといった、仮説→実行→検証→改善のサイクル(PDCAサイクル)を採用している企業やチームも少なくない。

 そのようなケースで共通の課題となるのが、「どのような形でどのようなUXデータを収集、分析すべきか」、という点である。

 より効果的に「アプリの改善」や「マーケティング施策」へと活かすための運用体制も、モバイルアプリのビジネススピードに合ったものでなければならない。

 以上を踏まえ、モバイルアプリを活用し利益を上げる為に何が必要なのか、「3つのポイント」として紹介したい。

 特に「これから、モバイルアプリの本格的な展開を予定しており、分析ツールの導入を検討している」「現在、モバイルアプリからのデータ収集に無料の分析ツールを利用しているが、取得できるデータの内容や、運用の煩雑さに不満を感じている」という担当者は、ぜひ参考にしてほしい。

提供:日本CA株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2015年10月3日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]