編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ローコード開発は
日本の中小企業を復活へ導く
救世主か?

ローコード開発はコスト削減やシステム開発のスピードを高めるだけではなく、ビジネス即応性や、業務品質の向上に直結し、ユーザ満足度が向上する。さらに、ローコード開発は単なるシステム開発のみならず、本番稼働後の保守までを担い、アジャイル組織への変革や、DevOps(開発保守)実現を可能にする。

創業100年を超える世界の老舗企業の半数以上が日本企業だと言われるが、その多くで売上、収益力が低下している。業務遂行、競争力確保に不可欠なITシステムだが、国内のITシステムの約2割が20年以上前に採用されたものだ。その多くは外部委託され、エンジニアはシステムベンダーに集中し、人月計算でITコストを支払い続けている。
一方、欧米先進国ではITエンジニアの 7割がユーザ企業で働き、現場とITを結びつけてアジャイルな組織で改善に取り組む。しかしこれら先進国でも、ソフトウエア関連エンジニアの圧倒的不足が課題となっている。そんな中、欧米ではコードを極力書かない「ローコード開発」が一般化している。
本特集では、米国TOP 500企業から中小企業まで、世界130万人のユーザに選ばれる Claris FileMaker プラットフォームの導入事例、組織変革への活用法などに関するコンテンツを通じてローコード開発の有用性を提言していく。

more

Claris をもっと知ろう

Claris FileMaker は Mac、Windows、iPad/iPhone, Web でシームレスに動作するカスタム App を短時間で作成し、
クラウド、オンプレミス、オフラインでも展開できるローコード開発プラットフォームです。

提供:Claris Internationl Inc.
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2023年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]