クラウド新時代を創世した神々の託宣 ~プライベートクラウドはPaaSで構築せよ~ その真の意味とは

CGキャラクター:Copet (C) 2003-2011 Seijiro Kubo/butterfly.stroke inc. All Rights Reserved.
マンガ: 栗生ゑゐこ /ad-manga.com

PaaS環境を効率的に管理するクラウドサービスプラットフォームCosminexus

これなら業務システムの構築もあっという間じゃ

コスト削減や事業継続性の強化、システムのライフサイクルの短期化、さらに最近では節電などへの対応をきっかけとして、サーバー仮想化技術を利用したハードウェア資産の統合・共有への取り組みは多くの企業で行われるようになりましたが、その次のフェーズとして関心が高まっているプライベートクラウド利用においてはさまざまな課題が見えてきました。

プライベートクラウドの適用形態としては、ハードウェア資産のオンデマンド利用を実現するIaaS(Infrastructure as a Service)と、IaaSを基盤にアプリケーションが稼働するプラットフォーム環境までをオンデマンド化するPaaS(Platform as a Service)に大別できます。

多くの企業ではサーバー仮想化の延長であるIaaSを目標にプライベートクラウドを構築しようとしていますが、ハードウェアリソースの入手は容易になるものの、業務システムの環境開発はクラウド適用前と同じレベルで、人手に頼る部分が大きく、時間と手間がかかってしまう上にヒューマンエラーの可能性も高いままです。

日立製作所(以下、日立)のシステム構築・実行基盤である「Cosminexus」では、「業務視点でのシステム構築」をコンセプトにプライベートクラウド環境における効率的なPaaS環境管理機能の開発が進められています。さらに、日立の運用管理製品である統合システム運用管理「JP1」と連携することで運用・保守の自動化を目指しています。
※コズミネクサス

テンプレート選択とスケール情報の入力だけで目的のシステムを一括構築

このCosminexus のPaaS環境管理では、システムに必要なサーバーリソースのほか、OS、ミドルウェア、アプリケーション、ネットワークを一括で設定した状態で利用できる仕組みを持っています。

具体的には、日立が長年SI案件で蓄積してきた実績あるシステム構成をパターン化したリファレンスと、要求される品質保証レベルを組み合わせたテンプレートを用意。利用者は、その中から最適なものを選択した上で、保証したいレスポンスタイムやトランザクション量の予測、最大ユーザー数などの性能要件をスケール情報として指定します。

実績のあるシステム構成のテンプレートを利用することで、
高信頼のPaaS環境を迅速に構築可能

Cosminexusで開発中のPaaS環境管理では、日立のSI案件で実績のあるシステム構成をパターン化したテンプレートを提供。利用者はテンプレートを選択し、性能要件などのスケール情報を入力するだけで、JP1と連携しながら適切なPaaS環境を迅速に構築する。

PaaS環境管理では、日立の経験に基づき編み出した黄金比とも言える計算式を元にハードウェアリソースの構成を算出し、アプリケーションサーバーやデータベースを含めた高品質なアプリケーション実行環境を設定済みの状態で迅速に準備することが可能になります。 インフラを担うIaaS部分は、JP1のITリソース管理製品が受け持ち、多様で複雑なITリソースプールの構成情報を一元管理して効率的な運用を支援。CosminexusのPaaS環境管理は、JP1が管理するITリソースの上にミドルウェアを展開し、業務毎に最適化されたシステムを設定済みの状態で貸し出します。

日立の試算ではIaaSで一つのシステムを構築するために必要な作業時間が約300分必要だったのに対し、PaaS環境管理を活用すればわずか90分程度で可能になり、およそ70%のスピードアップが実現しています。テンプレートに基づき適切なインフラ設計が可能になるため、リソース割り当ての過不足を防ぎ、稼働後の構成変更にも柔軟に対応できるといった効果が期待できます。

アプリケーション改修やシステム遅延の解消にも有効なPaaS環境管理

また、従来はアプリケーション改修の度に台帳を確認しながらテストや検証の環境を作り直さなければならなかったものが、Cosminexusではシステム構成と状態を全て管理しているため、マスターイメージを適用するだけで検証環境の再準備を迅速に実現します。

さらに、システムに遅延が発生した場合、システム構成情報を管理台帳で確認しながらボトルネックを確認し、補強しなければならなかった作業も、Cosminexusではリソース状況を速やかに確認し、スケールアウトが必要な場合でも設定済みのサーバを簡単に追加できるので、作業負担を大幅に削減することが可能になります。こうしたCosminexusの進化はシステムの状態を利用者視点で可視化することで、ITの高度な知識がなくてもITを使いこなせるようにする進化です。新しいCosminexusの登場にぜひご期待ください。

環境構築や運用時の手作業が多く、時間と手間がかかりすぎる。ヒューマンエラーも心配。

一般的なIaaSは、業務システム開発担当者が手作業で環境設定を実施しなければならず時間と手間がかかりヒューマンエラーも心配だが、Cosminexusが実現するPaaSでは用途に合わせて環境を一括設定できるため、アプリケーションの稼働環境を迅速に用意することが可能になる

提供提供:株式会社 日立製作所 情報・通信システム社 統合プラットフォーム販売 推進本部
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2011年12月8日