編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ITインフラ運用の自律化を実現するHPEのAI技術とストレージ

2020年1月14日、MicrosoftのWindows Server 2008/ R2の延長サポートが終了する。日本マイクロソフトの調査によれば、国内では現在、約54万台のWindows Server 2008のシステムが稼働中だ。サポートが終了するこれらシステムの対応では、どのようなポイントを押さえておくべきだろうか。

サポートが終了したOSを使い続ける最大のリスクは、放置された脆弱性を突いてシステムに侵入するマルウェアなどの脅威だ。Windows Server 2008/R2で稼働する多くのシステムが部門内の情報を共有するファイルサーバや経費精算のアプリケーションなどであり、システムが脅威の侵害を受けると、ビジネスの継続性に悪影響を及ぼす。

一方、Windows Sever 2016などの新しいOSではセキュリティが大幅に強化され、新しいOSへの移行が、ビジネスを支えるシステムを堅牢にする近道だ。同時に、セキュリティと性能を兼ね備えた最新のハードウェアの採用がビジネスのパフォーマンスを飛躍的に高める原動力となる。本サイトでは、Windows Server 2008/ R2の移行対応における最適解となり得る情報をお届けする。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2019年5月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]