編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【営業支援から経費、勤怠管理まで】GroupCGI オルカ ASPサービス

有限会社アクティブ・ネットワーク・デザイン 

2007-07-23

100円で、営業支援までできるグループウェアがあるってホント?

製品概要

■特徴
グループウェアの常識を覆す驚きの低価格導入が可能なGroupCGIオルカ。
主要3キャリアの携帯電話はもちろんのこと、iPhoneやW-ZERO3などの最新モバイル端末からの利用にも標準対応。
営業支援では、商談の進捗管理や対応履歴管理、各営業マンの発生実績レポートの出力までが可能。
交通費の精算申請は、SuicaやPASMOをかざしてワンタッチ入力できる新機能を搭載し、経費管理機能オプションを追加すれば、経費関連の申請書類は経理方で振込帳票に出力できます。
勤怠管理機能では、タイムカードのみにとどまらず、各種の勤怠届の管理から自動での実績計算、月締め処理まで、勤怠管理業務の全体を効率化できます。
また、多重化された回線、ハードウェアの冗長化、SSL高度暗号化通信、IP認証機構、日々のデータバックアップまで、万全のセキュリティ対策を施した堅牢なシステム運用環境も、追加料金なし、標準で提供されます。
長年グループウェアの開発に取り組んできたからこそできる、かゆいところに手が届く機能と使い勝手が魅力の製品です。

■利用プランの概要

<ライトプラン>
グループウェアの基本機能に営業支援まで含めた機能を10ユーザから1人月々わずか100円で利用できます。その他の機能はオプションで追加利用できます。

<プロフェッショナルプラン>
すべての機能を1人月々1,000円で利用でき、より堅牢なファシリティを誇るIDCでデータ運用いたします。

特徴

導入や運用の手間をかけずに、安全で充実した機能を、10ユーザから1人月々わずか100円(税別)という驚きの低価格で利用できるグループウェアがあるのをご存じでしょうか?
それが「GroupCGI オルカ」。
オルカは、グループウェアの基本機能はもちろんのこと、モバイルアクセス、営業支援、SuicaやPASMOからのワンタッチ交通費申請などの機能が標準装備されたASP型ウェブグループウェアです。

オルカは、 iモード、Ezweb、SoftBankのすべての携帯キャリアに対応し、グループウェアの機能がいつでもどこからでも利用可能です。シンプルな設計なので、iPhoneやW-ZERO3などの最新モバイル端末にも対応しており、ノンストップでオルカをフル活用できます。

オルカの営業支援機能は、 “いつ、誰が、何をしたのか”、案件の進捗状況や顧客別の活動履歴をしっかりと残し、営業マンを強力にサポート。進捗フェーズごとの予実管理はもちろんのこと、引き継ぎミスの防止や顧客満足度の向上を支援します。
申請書(ワークフロー)と日報機能を追加すれば、日々の活動報告の承認機能までが実装されます。
また、カードリーダ(PaSoRi)を付けたパソコンにSuicaやPASMOなどをかざすだけで交通費の申請内容を自動入力する機能を搭載。無駄を省き、本業に専念させることで、営業マンの稼働効率を大幅にUPさせます。

オプションの勤怠管理機能では、タイムカードのみにとどまらず、各種の勤怠届の管理から自動での実績計算、月締め処理まで、勤怠管理業務の全体を効率化します。

日報や営業支援、経費管理などの機能を運用している場合、蓄積されたデータから経営に役立つ各種データの集計レポートの出力が可能です。
スタッフ別・業務別の工数データ、営業マンの進捗別発生実績データ(引合・見積提出・受注など) 、費目別・部門別・支払先別の発生経費データなど、管理層は必要なレポートを取得して、以後の経営に役立てることができます。
オルカは単なる業務効率化や情報共有ツールだけでは終わりません。

動作環境:
ブラウザ:Internet Explorer 6.0以上 / FireFox / Opera / Safari 他
携帯電話:i-mode / ezweb / softbank
モバイル:iPhone / W-ZERO3 他

提供エリア:
全国

その他サービス:
お客様の運用環境に最適にマッチさせるためのカスタマイズサービス。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]