DBMaster

株式会社DBMaker Japan  2008年04月11日

機能充実、軽量コンパクトなマルチメディアデータベース DBMaster

製品概要

DBMaster は一般的なDBMSの機能に加え、新時代のニーズ(Web、インターネット、クライアント/サーバ、オープン・システム、2バイトのアジア言語、マルチメディア等のサポート)に完全に対応しているマルチメディア・データベースです。これらの機能が全てエンジン内部に組み込まれ、何層ものAPIを介さずに全てAPから直接DBのエンジンにアクセスするので、パフォーマンスを最大限まで高めることが出来ます。また、パッケージシステム向けのバンドル・ライセンスの提供により、アプリケーションのコストダウンも可能にし、価格面からも開発会社やエンドユーザの要求に応えていきます。これらのDBMasterの機能を活用すると、画像や動画など全てのデータやファイルを格納できます。例えば、受発注システムで、顧客情報、商品情報、製品画像などビジュアルな受注管理ができます。また、商品カテゴリの変更もオブジェクト操作で簡単!すでにWindows市場のみならず、Unix、 Linux、及びCOBOLアプリケーションの市場にも多くの販売実績があり、全世界36ヵ国以上で使われています。
ソフトパッケージのエンジンや、パーソナルから企業まで、幅広くDBMasterは活躍します。

特徴

DBMasterは一般的なデータベース製品ですが、エンジンサイズがコンパクトであるため、ミッションクリティカルのような大規模システムからアプリケーション組込DBといった小規模なシステムに至るまで幅広い分野で利用可能なRDBMSです。
DBMasterのバンドルモジュールも提供しており、アプリケーションやハードウェアに"バンドル"することで開発や導入に掛かるコストを大幅に削減できます。

ODBC3.0互換インタフェースとANSI SQL-99をサポートしており、Visual C++、Visual
Basic、Delphi、オープンCOBOLなど多様な開発ツールによってアプリケーション構築が可能です。DBMasterでは以下のインターフェースに対応しています。

ANSI-SQL99 準拠
ODBC 3.0サポート
ESQL/Cプリプロセッサ
JDBC3.0サポート
UNICODEサポート
DCI(DBMaster COBOL Interface)オープンCOBOLインターフェース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]