編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

CL5800

ATENジャパン株式会社 

2010-04-20

上下パネルが個別にスライドする19インチLCD一体型KVMコンソールドロワー

製品概要

KVMコンソールドロワーとは、サーバーやKVMスイッチのコンソールデバイス(キーボード、モニター、マウス)の機能をラック1Uサイズに集約したデバイスです。本製品は、ドロワー上部のLCDパネルと下部のキーボード/タッチパッドパネルが別々にスライドできる「デュアルスライド構造」の設計をATENシリーズのドロワーで初めて採用した製品です。

特徴

 製品の主な特長とメリット
1.ATENシリーズのドロワーでは初となる「デュアルスライド構造」を採用
ATENのエンタープライズ向けブランドであるALTUSEN(オルトセン)シリーズのKVMドロワーでご好評をいただいております、「デュアルスライド構造」の設計を、コンシューマー向けブランドであるATENシリーズのドロワーで初めて採用しました。この構造は、キーボード/タッチパッドパネルを使用しない場合は、このパネルをラックに収納し、LCDパネルだけで監視を続けることができるのが特長です。これにより、ラックの施錠が可能となりセキュリティが保たれるだけでなく、出しっぱなしにされているキーボード部分にぶつかって怪我をする危険性も少なくなり、サーバーのセキュリティや作業員の安全性が同時に確保できるといったメリットもあります。現場で作業するユーザーのニーズを考えて設計された、実用的なKVMコンソールドロワーです。

2.コンソール機能を1Uサイズに集約し省スペースに貢献
サーバーやKVMスイッチに直結されたコンソールデバイスを本製品にリプレースすることで、コンソールの使用スペースを1Uに抑えることができますので、空いたスペースを別の目的に有効活用できるといったメリットが得られます。

3.接続インターフェースはPS/2、USBの両方に対応
本製品に接続できるサーバーやKVMスイッチのインターフェースはPS/2、USBの両方に対応しています。ATEN製KVMスイッチとの互換性もあり、様々な環境への導入が可能です。

寸法:
高さ:44 幅:480mm 奥行き:680mm

重量:
14.8kg

電源:
AC100V〜240V、50Hz/60Hz

筐体タイプ:
メタル

価格

225,000 円
(価格備考:)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]