編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Zscaler Private Accessマネージドサービス

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 

2022-03-01

ゼロトラストモデルを実装し 安全で効率的なリモートアクセスを実現

製品概要

クラウドサービスの導入等により、企業のネットワークは多様化しています。そのため、自社の情報資産が社内ネットワークの内側にあることを前提に作られた従来型のリモートアクセス方式では、安全で効率的なリモートアクセス環境を運用・維持することが非常に困難になっています。

Zscaler Private Access (ZPA) は、柔軟なスケーラビリティを持つクラウド型リモートアクセスソリューションです。自社の情報資産へのアクセスは全てZscaler社のクラウド環境を経由させることにより、端末を利用する場所にとらわれずアクセスを制御でき、ゼロトラストモデルを実装することが可能です。

NRIセキュアの専門家が、ZPAの導入・運用にあたります。数多くのお客さまへ安全で快適なインターネット接続サービスを提供してきた知見を活かし、日々のお問い合わせや障害に関するお問い合わせへの対応、さらには設定変更に関わる作業を実施し、お客さまの負担を大幅に軽減します。さらに、通信のログはNRIセキュアにて長期保存されるため、万が一問題が発生した際には、必要な調査を迅速・的確に行うことができます。

特徴

①安全で効率的なアクセス制御
ZPAには、Zero Trust Network Access (ZTNA)という新たな接続方式が採用されています。ネットワーク境界に基づく社内・社外という概念に依存することなく、各ユーザと、そのユーザが利用権限を持つ情報資産に応じて動的にアクセス制御が行われます。ユーザのアクセスをネットワーク全体ではなく、業務上必要な情報資産だけに限ることで、これまで以上に安全なリモートアクセスを実現できます。

②攻撃の起点となり得る領域の極小化
ZPAによるリモートアクセス方式では、ユーザ端末やお客さま環境からは、アウトバウンド通信のみ発生します。外部からの通信を待ち受けることがないため、攻撃の起点となり得る領域を小さくし、リモートアクセスに起因するセキュリティインシデントの発生リスクを下げることができます。また、専用のクライアントアプリやZscaler社のクラウド環境は定期的にアップデートが行われるため、緊急の脆弱性対応を含め、バージョンアップ作業が不要です。

③柔軟なスケーラビリティの確保
リモートアクセスの需要が急増する昨今、急激なユーザ増加によるVPN機器の性能限界に悩まされる企業は少なくありません。ZPAは、ネットワーク機器の性能限界を意識することなく使用できるという、クラウドソリューションの特性を活かし、ユーザ数の急な増加にも迅速に対応できます。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]