“統合/分散”から“仮想化”へと拡大するストレージネットワーク(前編)

ネットワークで結ぶことでサーバとストレージの関係は「1:1」から「m:n」へと変化する。これにより、ストレージネットワークは、サーバとストレージの統合と分散のインフラとして機能するようになる。

2009-02-10 08:00:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]