ZDNet Japan

ZDNet Japan & AWS Partner Network 全6回オフラインセミナー

第4回 コンタクトセンター新ビジネスモデルを支える
戦略的コンタクトセンターの実現

クラウドが普及してきた現在、ビジネスの立ち上げと成長のスピードが各段に速くなりました。もし、コンタクトセンターによるお客様とのエンゲージメントがそのスピードに追いついていなかったら、残念ながらそのサービスの支持を得ることは難しく、購入の意思決定の途中で離脱にもつながるかもしれません。

さらに、コンタクトセンターの運営は人材確保も難しくなってきているのではないでしょうか。この様に現行のコンタクトセンターには課題が山積しています。そのため、迅速性と弾力性をもった効率の良いコンタクトセンターを構築することはビジネスを押し進める上では必要不可欠です。

本セミナーではAmazon Connectを活用した迅速なコンタクトセンターの立ち上げ、AWS APIエコノミーとも言えるAWS上で提供される様々なサービス、例えばCRMやチャットボットなどを利用した、生産効率性の高いコンタクトセンターの実現ついてご紹介します。

開催概要

名称
ZDNet Japan & AWS Partner Network 全6回オフラインセミナー 第4回 コンタクトセンター
新ビジネスモデルを支える戦略的コンタクトセンターの実現
開催日時
2018年11月9日(金)13:00開場 13:25開演 
場所
アマゾン目黒新オフィス 目黒セントラルスクエア21F
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 [アクセス:PDF]
参加費
無料(事前登録制)
定員
80名
対象
ユーザー企業 IT/情報システム部門・コンタクトセンター・経営企画・営業・マーケティングの皆さま。
(※本セミナーはユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

セッション一覧

13:25
|
14:10
基調講演
クラウド時代の新しいCX(顧客体験)とコールセンター
CRM、CTI、ユニファイドコミュニケーション、ナレッジマネジメント、オムニチャネル…。コールセンターには多くの流行語やトレンドがありました。しかしながら、こうした旧来のコンセプトはクラウドという新しい革袋を得て、いよいよ統合的なCX(顧客体験)として現実になりつつあります。顧客接点のパフォーマンスマネジメントの世界標準であるCOPC規格のリード監査員としてみてきたトレンドやベストプラクティスの中から、オムニチャネルに対応した顧客接点設計に欠かせない経営指標のとらえ方、デザインシンキングやカスタマ―ジャーニーなどの新しい手法を紹介しつつ、新しい顧客接点の構築について考えます。
澤田 哲理氏

株式会社プロシード

コンサルティング事業部 シニアコンサルタント
澤田 哲理氏

[プロフィール]
外資系商社の顧客サービス部門オペレーターを皮切りにVOC分析、マネジメント、ICTシステム、アウトソーシングとVMO運営など多岐にわたる業務を経験する。
2005年よりプロシードに参加。顧客接点のパフォーマンスマネジメントの世界標準であるCOPC規格のリード監査員・シニアコンサルタントとして、100社以上監査や支援を実施。日本コンタクトセンター教育検定協会 CMBOK知識スキル体系の主任編集委員や、サイバー犯罪捜査知識体系CIBOK(Cybercrime Investigation Body Of Knowledge)のプロジェクトにも関わる。業界動向に対する研究や知見を通じて、次世代の顧客接点設計を手がけている。
14:10
|
14:50
講演
クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント
クラウドコンタクトセンターをセルフサービスで構築できる「Amazon Connect」は電話業務において大変注目度の高いサービスです。当社では横河電機株式会社のレスポンスセンターにおける、音声コンピューティング活用のデータ処理コンサルティングや、社内における電話業務置き換えなど複数の検証を行い、これまで多くの知見を貯めてきました。今回はこれらの結果を踏まえ、Connect導入のポイントを皆様にお伝えいたします。
大石 良氏

株式会社サーバーワークス

代表取締役
大石 良氏

[プロフィール]
1973年 新潟市生まれ
1996年 東北大学経済学部卒業
丸紅株式会社入社後、インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事
2000年 当社設立、代表取締役に就任
AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
15:00
|
15:40
講演
AWS導入からはじめるスケーラブルなオフィス運営と、Amazon Connectによる未来のコンタクトセンター業務
AWSには仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を始め、オフィスそのものをスケーラブルに構築するためのサービスが多数用意されています。それらを組み合わせることで、ビジネスにあわせて柔軟にオフィスを運営することができるようになります。また、昨年発表された「Amazon Connect」は電話業務の自動化を可能とするサービスで、問い合わせ窓口などのコンタクトセンター業務を刷新する可能性を秘めています。 本セッションでは、AWS導入からはじまるスケーラブルなオフィス運営のノウハウと、Amazon Connnectを用いたちょっと未来の電話業務についてご紹介いたします。
姫野 悟志氏

クラスメソッド株式会社

AIソリューション部 部長
姫野 悟志氏

[プロフィール]
2008年にクラスメソッドに入社し、Web、モバイルアプリケーション開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。
2017年後半から、Alexaなどの音声認識技術やAI関連の開発部署にて責任者として活動。
15:40
|
16:20
講演
Amazon Connectから始める、広がる、CX向上のヒント
クロス・ヘッドではAWSが提供するコンタクトセンターに必要な基本機能をクラウドサービスで提供するAmazon Connectを活用し、弊社の強みであるITインフラ運用サービスを一括で提供するMCS(Managed Connect Service)のサービスリリースを実施しており、最近ではサイボウズ社kintoneやSalesForceとの連携、グループ会社のテクマトリックス社が提供するFastHelpシリーズ等の各CRM連携も提供しております。またユースケースとしてIVRの活用事例もご紹介致します。
鈴木 将人氏

クロス・ヘッド株式会社

クラウドソリューション推進部 マネージャー
鈴木 将人氏

[プロフィール]
大手クライアントへインフラ基盤の設計・構築の経験を経て、現在はクラウドソリューション推進部にて、AWSを活用したプリセールスから設計・構築に従事、最近ではAmazon Connectを活用したサービス企画や提供を担当。
16:30
|
17:10
特別講演
アウトソーサー視点から見るクラウド型コンタクトセンターサービスAmazon Connect を実際に使ってみた評価とこれからの展望
昨今のコンタクトセンターが抱える課題とトランスコスモスが考えるコンタクトセンターの将来像、そしてAmazon Connectを組み合わせたデジタルコンタクトセンターが可能にする新たなサービス創出に関して、また、Amazon Connectのトライアル状況とアウトソーサーならではの運用ノウハウをもとにしたこれからのコンタクトサービスの展望について自社で展開予定のサービスも含めてご紹介します。
岩浅 佑一氏

トランスコスモス株式会社

デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 サービス戦略本部 サービス企画部 部長
岩浅 佑一氏

[プロフィール]
2004年4月、トランスコスモス株式会社へ入社
コールセンター業務でオペレーター、スーパーバイザー、マネージャーを経験。複数回の小規模/大規模(200~300席)の立ち上げ~業務安定化まで運営。のち複数事業所を統括するセンター長を経験
2017年 ~ チャットサポートをはじめとして音声認識/RPA/クラウドサービスなどのデジタルオペレーション導入支援、立ち上げ、サービス企画を担当

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

協賛企業

参加申込み

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

・本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブよりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報は、当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(アマゾン ウェブ サービスジャパン株式会社および関連会社(直接的もしくは間接的に支配するか、これにより支配されるか、又はこれと共同して支配されているあらゆる事業体)、クラスメソッド株式会社、クロス・ヘッド株式会社、株式会社サーバーワークス)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報はアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社および関連会社、クラスメソッド株式会社、クロス・ヘッド株式会社、株式会社サーバーワークスより製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除ついてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部マネジャー

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

ZDNet Japan & AWS Partner Network
全6回オフラインセミナー協賛

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス:


このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]