ホワイトペーパー

Web 2.0 のセキュリティ

株式会社アークン 2008年12月13日

あらゆる規模の会社が、Web サイトをさらに使い易くし新たな通信チャネルを開くために、Web 2.0 を活用し始めています。Web 2.0 とは第2 世代のWeb 技術を指し、AJAX(エイジャックス)、RSS フィード、オンラインフォーラムおよびマッシュアップが含まれます。Web 2.0 という言葉には次のようなより広範囲の意味も含まれます:
・ アプリケーションをより機能豊かで反応がよいものとすること
・ リアルタイムにコンテンツを生成し共有すること
・ エンドユーザの参加を歓迎すること
この白書ではWeb 2.0 アプリケーションで使用される基盤技術を精査し、併せてセキュリティ上の課題がWeb 2.0 によってどのように発生するかについてご説明します。Web2.0 により生み出される新たなアプリケーションではクロスサイト スクリプティング(XSS)インジェクション、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)、不正アクセスおよびその他Web ベースの攻撃のリスクを高めます。最後に、この白書では、アプリケーション開発の最良の慣行とWeb アプリケーション専用のセキュリティソリューションを含め、企業がWeb 2.0 のアプリケーションを安全に展開するために使用することができる多数の防御方法を説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]