ホワイトペーパー

メールシステムはクラウドか?それともオンプレミスか?国産技術が解決するTCO削減効果とは?

アイマトリックス株式会社 2013年01月18日

メールシステムをクラウド化するかオンプレミス対応とするか悩まれた経験はないでしょうか?
社内メールシステムのクラウド化は一見、TCO(総所有コスト)削減の恩恵を受けているようにみえますが、データの安全性、SLA、障害発生時の原因の切り分け、ログ参照の不都合など懸念事項も多く、クリティカルなインフラであるだけに、第三者にデータを委ねることに抵抗を感じている企業も多く見受けられます。

一方、オンプレミスは、クラウド化で得られなかった機密性や安全性は確保できるが、「TCOを削減できない」とイメージを持たれる方も多いかと思います。本当にオンプレミスで、TCOを削減することはできないのでしょうか?

本資料では、オンプレミスでのメール運用の煩わしいイメージを払拭し、「ワンストップでの導入」から「ノンストップ、そしてシンプルな運用」、「セキュリティ対策(スパム・ウィルス・誤送信防止)」等、安心・安全でTCO削減効果の高いメールアプライアンスをご紹介します。
是非資料をチェックしてみてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)