ホワイトペーパー

CMSはWeb2.0時代のコミュニケーションツール

株式会社アシスト 2006-12-26

企業内外のコミュニケーション機能が統合されていないと、経営方針の理解促進、企業市民としての情報開示、組織内での情報共有などに温度差や不整合がおこり、企業としてリスクとクライシスの可能性が内包されてしまう。これらを回避するためには新たなコミュニケーション戦略が不可欠となる。
統合マネジメントすべき対象は、コーポレート・サイト、IRサイト、記者向けサイト、社内にP2P環境を実現するコーポレート・イントラネットなどと社内外すべてのコミュニケーションである。

Webコミュニケーション機能を再構築し新たな戦略を実現するには、広報部門と情報システム部門の連携体制が不可欠である。また、誰でもWebサイトを更新ができるCMS(コンテンツマネジメントシステム)がファーストツールとして必要不可欠となる。

ここでは「WEB STRATEGY Vol.4」(MdN)に掲載された株式会社アシスト、コンサルティング事業部シニアコンサルタントの奥田隆介のインタビュー記事をダウンロードできる。
企業コミュニケーションにおけるCMSの役割を紹介しているので、CMS活用の際の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]