編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

“賢い”ETLツールであるかどうかがデータ活用の成否を分ける?!

株式会社アシスト 2019-10-04

いまや企業のビジネス競争力の源泉は、適確かつスピーディなデータ活用にあると言っていい。そこでポイントとなるのが、様々なシステムのデータをいかに高速かつ正確に統合処理(ETL処理)するかである。例えば、データウェアハウス(DWH)やデータマート(DM)構築に伴うデータ統合処理をはじめ、DB内で実装している基幹バッチ処理やDWH内でのステージング処理などにおいて、高速性と信頼性のあるETL処理を行うことは最優先事項となってくるのだ。

そうした課題を解決するのが、ビッグデータ、高速パフォーマンス、データインテグレーションに特化したグローバルソフトウェアメーカーであるSyncsort社が開発し、アシストが国内で販売するデータ加工ツール「Syncsort DMExpress」である。同製品は、高品質・高性能 なデータ統合(ETL)処理/バッチ処理を、簡単に開発できる“最も賢い”超高速ETLツールとなっているのだ。本資料では、その特徴や活用領域さらには機能の詳細に至るまでを網羅している。複数の国内企業の導入事例も紹介しているのでぜひご参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]