ホワイトペーパー

いまさら聞けないSoftware-Defined Storageで、できること

EMCジャパン株式会社 2015年07月29日

Software-Defined Storage(SDS)は、単なるストレージのソフトウェア版ではない。もちろん機能の一部であり、汎用サーバをストレージ化することができる。しかし、それだけでは解決しない問題がある。それは、管理インターフェースだ。従来企業では様々なストレージ製品が利用されてきた。今後は、SDSも導入されるだろう。それらの多様なストレージのリソースを利用するときに、これまで通り個別のインターフェースからプロビジョニングし続けることことは大きな運用上問題となる。管理インターフェースこそ抽象化し、シンプルな1つのインターフェースで多様なストレージのリソースを利用できるべきなのだ。それがSDSのもう一つの重要な機能である。本資料では、これらSDSの機能とそのメリットをまとめた。ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]