編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

IT ビジネス・ケース・テンプレート: IBM DB2 Universal Database V8.1とインテル(R) Itanium(R) 2 プロセッサまたはインテル(R) Xeon(TM) プロセッサMP ベースのサーバの組み合わせ

インテル株式会社 2003-12-26

 インテル(R) Itanium(R) 2 プロセッサまたは32ビットのインテル(R) Xeon(TM) プロセッサMP ベースのサーバで実行するIBM DB2 8.1 Universal Database (DB2 UDB) は、高いレベルのスケーラビリティ、信頼性、パフォーマンスをWindows やLinux プラットフォームで提供します。この新しいDB2 UDB は、画期的な最新のマイクロプロセッサ・テクノロジを最大限に活用し、これまでにないスケーラビリティと耐久性を実現します。Itanium(R) アーキテクチャの明示的並列命令コンピューティング(EPIC) テクノロジやインテル(R) Xeon(TM) プロセッサMP のハイパー・スレッディング・テクノロジなど、インテル(R) アーキテクチャの革新的なテクノロジとDB2の強固で拡張性に富んだデータベース・プラットフォームを導入するなら今です。これらの組み合わせから、データ・マイニングやデータウェアハウジングの高速化、オンライン・トランザクション処理機能などの注目すべき利点が得られます。

 このビジネス・ケースでは、Itanium(R) 2プロセッサ、またはインテル(R) Xeon(TM) プロセッサMP をベースとするサーバにIBM DB2 Universal Database 導入した場合に実現される機会と利点について、またそれに関連するリスクや必要となるコストについて検討します。ただし、このテンプレートは、それぞれの要件に合わせてカスタマイズする必要があります。多くの場合、ビジネス・ケースで取り組むべき各組織の課題や機会はそれぞれ異なります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]