ホワイトペーパー

事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース

アステリア株式会社 2019年05月14日

仕事の無駄を無くし、効率よく働くことで生産性を向上し、高い成果をあげることを目指す働き方改革。この目標を実現するために、いま注目されているテクノロジーの1つがRPA(Robotic Process Automation)だ。

RPAは、ホワイトカラーの人手によるパソコン操作をソフトウェアを用いて自動化するものだ。人手で行う作業に比べ短時間にミスなく処理ができ、また24時間稼働させることもできるため、深夜業務を一部代行させることなどが可能になる。

本資料はRPAを駆使して働き方改革を実現する8つのユースケースを紹介した実践ガイドだ。「ファイル収集、加工処理」「レポート作成処理の自動化」「受発注処理の自動化」といった作業をRPAで自動化することでどんな成果が得られるのかを具体的な成功事例とともに紹介している。

RPAのエッセンスが詰まったコンパクトな資料なので、提案資料や業務改善のヒントとして活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]