ホワイトペーパー

【図解で解説】分散型エンタープライズのセキュリティ--リモート拠点の安全を守るための6つのステップ

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 2016年03月14日

分散型エンタープライズとは、本社と支社/支店(リモートサイト)を併せ持つ企業を指しており、高度に一元化されたシステムで制御と管理を行っております。さらに安全性を確保するだけでなく、さらに規模が小さな複数拠点もサポートする必要がでてきております。
近年の市場動向でも世界中の分散型エンタープライズは、消費者や規制の圧力により、現在採用している技術とポリシーの両方の面において見直しを迫られています。

また、分散型エンタープライズは、一般企業が直面しているセキュリティ上の多くの問題に加え、責任者は攻撃されやすいシステムやデータの一貫した管理と監査が求められるなどの独自の課題も抱えています。

本資料では各企業が分散型エンタープライズにおいてセキュリティ性を保つために必要な6つのポイントを図解と市場調査をもとに解説いたします。

詳細は資料をご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]