ホワイトペーパー

モノのインターネット(IoT):価値実現への道のりの現状

SAS Institute Japan株式会社 2016年10月05日

本資料の「2015年版IndustryWeek モノのインターネットおよびアナリティクス調査」では、米国の製造業におけるIoTテクノロジーとアナリティクスの利用について現状及び計画を定量化しています。

製造業は「モノのインターネット(IoT)」や「ビッグデータ」といった用語が生まれる前から、長い間、大量のデータと格闘してきました。この業界では何十年も前からマシンのデータを収集・分析しています。ただし現在では、旧式の設備やシステムのリプレースが進むのに伴い、ネットワーク接続の拡大とデータ収集機能の高度化が進み、マシンデータの量は増え続け、アクセス性も高まり続けています。
同時に、IoT の出現によって、顧客側におけるデータの流れも増加傾向にあります。製品のネットワーク化には製造企業と顧客のつながりを深める効果があることから、サービス機能が拡充され、全く新しい収益モデルが生み出されています。

米国の製造業界では、モノのインターネット(IoT)と高度なアナリティクスが解き放ちつつあるビジネス課題とビジネス機会にどのように対応しようとしているのでしょうか?
詳細はダウンロードして、ご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]