ホワイトペーパー

統計と大規模な機械学習--新たなテクノロジーで機械学習をビッグデータに適用

SAS Institute Japan株式会社 2016年10月05日

機械学習は、ロボットカー、不正予測やテロリストの識別、顧客への最適なタイミングでの適切な商品提案、そして患者の症状を正確に見きわめた的確な治療提言など数多くの用途に利用されています。

機械学習という概念そのものは、何十年も前から知られています。
新しいのは、それを膨大な量のデータに適用できるようになったということです。データストレージの低価格化、分散処理、コンピューターの高性能化が進み、利用できる分析機会が増えてきたことで、機械学習システムに向けられる関心は非常に高まっています。

このホワイトペーパーでは、SAS データ・サイエンス・テクノロジー部門マネージャーのウェイン・トンプソンが、機械学習の主要なコンセプトと、大規模な機械学習を実現する SAS の新しいソリューション(SAS In-Memory Statistics for Hadoop と SAS Visual Statistics)について説明します。また、レコメンデーション・エンジンを利用して新しい顧客ロイヤルティ・プログラムの差別化に成功した Aduno Groupの事例を、同社のビジネス・アナリティクス・サービス部門を統括するニア・ディレクター、ヘルベルト・ブチェリ氏の体験を通して紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)