ホワイトペーパー

日計表の入力・集計業務を効率化することによる効率化

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

複数店舗をとりまとめる本部の財務・経理部門にとって、各店舗の日々の売上、原価、仕入れ金額の集計業務の効率化は、大きな課題です。

既にSAP ERPを導入済みのアミューズメント施設を運営するH社においても、ある部門では店舗の事務スタッフが前日の現金の出入りを集計しLotus Notesで作成した日計表のデータを本社に送信する、また他の部門では店舗ごとにExcelで作成した集計表をFAXで本社に送信するなど、その方法が統一されていませんでした。

本社の財務スタッフは、これらを集約してSAP ERPに登録しますが、データを適切な形式に変換するのに手間がかかったり、日計表の形式の不統一による再データ化など二重入力が発生していました。この課題を解決したのが、PDF 形式のフォームから直接データを入力できるSAP Interactive Forms by Adobe です。

本ホワイトペーパーは、SAP Interactive Forms by Adobeを導入したH社の事例を紹介しながら、その導入効果をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]