ホワイトペーパー

業務のグローバル化をすすめるために必要な経営基盤とは

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

グローバルでのシームレスな物流サービスの提供の実現に向けて、ホールディング・カンパニーのもとグループ会社を統合したJ社は、世界40カ所余りの拠点網を通じて、陸、海、空の物流サービスを総合的に手掛けています。

業務のグローバル化をさらに進めるには、海外拠点を含めた国内外一体の情報を基にした経営判断が不可欠でした。『グローバルスタンダードに基づくシステム』を求めた結果、SAP ERPとSAP NetWeaver Process Integration(SAP NetWeaver PI)を採用して、既存の業務システムと連携しながら会計システムを刷新。SAP Customer Relationship Management(SAP CRM)で、収集された営業情報も管理することで、迅速な意思決定を支援する情報活用基盤を整えました。

このホワイトペーパーでは、グローバルスタンダードに対応した国内外統一業務プロセスを、テンプレート活用によって迅速に導入したB社の事例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]