ホワイトペーパー

洞察力(ビジネスアナリティクス力)が、企業の持続的成長と競争的差別化を支える

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

IDC Japanでは、2009年12月に国内企業1,100社に対し、現状と今後1年で目指すビジネスアナリティクスの利用実態について調査しました。この調査では、ビジネスアナリティクス力の強化に取り組む企業が一気に増加する傾向が見て取れます。

従業員規模にかかわらず、現時点では多くの企業が、主に月次や四半期のレポートを目的としたエクセル集計や基本的なBIツールの活用に留まっています。しかし、今後1年で、ビジネス改革と人材生産性の促進、戦略的俊敏性や競合他社との差別化につながる情報分析の実現など、高いレベルでの利用を指向しているのです。

このホワイトペーパーでは、「優れた洞察力の重要性」「洞察力を欠いた業務活動」「優れた洞察による意思決定管理」「優れた洞察を実現する方法」について言及します。今後、ビジネスアナリティクス力強化に取り組むことをお考えの企業様の、大きな参考になります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]