ホワイトペーパー

【講演資料】標的型メール攻撃への「意識」を高め、「まさか」に備えるには?

NTTテクノクロス株式会社 2013年10月15日

本資料は、2013年9月19日に開催された「ZDNet Japan セキュリティセミナー2013」でのNTTソフトウェアの講演資料だ。アジェンダは大きく分けて「標的型メール対策」と「特権ID管理対策」だ。詳細のトピックは以下のとおり。

●標的型攻撃による情報漏えい
●標的型攻撃への対策ポイント(受信メール)
●「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」のご紹介
●標的型攻撃への対策ポイント(特権ID管理)
●「特権ID管理ソリューション iDoperation」のご紹介

資料内では上記に加えて、標的型攻撃から組織を効果的に守るための、システム側と利用者意識側からのアプローチも紹介されている。

ダウンロードしてぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]