ホワイトペーパー

中外製薬、XenApp環境の集約でモバイルワーク推進にも成功--情シス部門も業務効率化

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2014年06月23日

中外製薬では、2000年に副作用のデータベースを利用するためのアプリケーション環境にCitrixR XenAppR(当時の名称:Citrix MetaFrame)を導入したのをスタートに、社内のさまざまなシステムにXenAppを導入。それに伴い情シス部門の運用管理が煩雑になり、対策が求められるようになりました。

 そこで、XenApp基盤を共通化して展開する方針を採用し、システムの柔軟性向上、コスト削減、営業部門でのモバイルワーク推進にも成功しました。詳細は資料をダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]