ホワイトペーパー

仮想化環境のサーバーバックアップを毎日1時間へ短縮した資生堂パーラー社事例

株式会社シマンテック 2011年10月25日

朝までかかっていたバックアップ、今では毎日たったの1時間!

レストラン・喫茶飲食業や洋菓子製造販売などを手掛ける株式会社資生堂パーラー(以下、資生堂パーラー)では、情報系サーバーに関するバックアップ業務の運用負荷を軽減するためSymantec System Recoveryを導入しました。店頭のPOSデータやお客様の予約情報、座席の空席状況の管理をはじめ、お菓子等の物販業務に関する様々なドキュメントの保管・共有など、多くの用途に用いられるHyper-Vで仮想化されたサーバーのバックアップに利用しています。

本資料では同社のシステム導入に向けた課題、選定理由、導入効果を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]