ホワイトペーパー

「バックアップベース」の災害対策とは--要求レベルの見極めがポイントに

株式会社シマンテック 2012年09月03日

災害対策を実装する際の課題の一つとして、「期待していたよりも、実際の障害復旧に大幅な時間がかかってしまう」ことが挙げられる。

シマンテックの調査(Symantec 2010 Disaster Recovery Survey)では、期待時間の2時間に対して、実際にかかった時間の平均は5時間だったという。時間的なコストは言うに及ばず、災害対策を策定する際には、全般に言えることは、「どこからどこまで、どの程度まで」を正確に見積らないと、無駄なコストは膨らむばかりだ。

では、このような課題を解決するために、どのようなポイントを押さえてソリューション選定を行うべきなのか。本資料では、こうした課題をクリアし、低コストでデータ保護を実現する、「バックアップベースの災害対策」の考え方を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]