ホワイトペーパー

手間やコストのかかるバックアップはいらない--導入/テスト/管理アプライアンスによる統合型アプローチ

株式会社シマンテック 2014年09月05日

いまバックアップで求められる重要な課題としてあげられるのは、「運用コストの課題」「導入と統合コストの課題」「投資コストの削減」だ。

ビジネス環境の変化により、データ量が爆発的に増加し、リストアのパフォーマンス向上と容量増加への対応からディスクベースのバックアップへ移行する企業が増えている。しかし、異なるプラットフォームの混在に伴う課題などから、ディスクベースのソリューションに移行するだけでは十分に目標を達成することはできない。

そこで多くのIT管理者、ビジネス担当者が、新たなバックアップのアプローチとして注目するのが統合型バックアップアプライアンスである。導入や管理の手間が不要なうえ、包括的なデータ重複排除技術によって使用するネットワーク帯域幅も大幅に削減できる。

上に挙げた3つの課題に対し、具体的にどういったビジネスケースを作成していくべきかは、別途 下記の詳細資料をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]