ホワイトペーパー

【事例】りそな銀行はどのようにデータ連携基盤を強化したのか

株式会社セゾン情報システムズ 2015年02月05日

よりセキュアで効率的な業務をめざし、データ連携基盤の強化をし、さらに大幅なコスト削減を実現した事例があります。

りそな銀行はこれまで、業務のある分野でデータを授受するために、磁気テープメディア(CMT)を使用していましたが、専用装置が必要な上、担当者が訪問して確認や受け取りを行っており、セキュリティリスク・コスト・時間に課題がありました。
そのため、クラウド型のデータ伝送システムを構築し、業務を一新するとともに年間1,000万円のコスト削減効果につながりました。

詳細は下記資料をダウンロードしご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]