ホワイトペーパー

支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

ソフォス株式会社 2022-01-17

ソフォスは、ランサムウェアに関する調査を毎年実施しており、世界各国の中堅企業におけるランサムウェア攻撃の影響や対策の現状について、最新の知見を提供している。また、攻撃の拡散状況や組織が受けた影響を調査し、前年と比較して傾向を特定している。2021年の調査では、初めて、被害を受けた組織が実際に支払った身代金の額と、支払った後に復元できたデータの割合を明らかにした。具体的には、中堅規模の組織が支払った身代金の平均額は17万米ドルであり、身代金を支払った後に暗号化されたデータを復元できた割合は65%だった。なお、ランサムウェア攻撃の影響を修復するための平均総額は、ダウンタイムや復旧のための人件費などを考慮すると185万米ドルになるという。
本資料では、ランサムウェアの2021年の動向のポイントをコンパクトにまとめ、2022年に向けて企業がどのような点に注意すべきかをアドバイスしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]