ホワイトペーパー

自社のニーズに応じて選べる「事業継続ソリューション」

サイオステクノロジー株式会社 2010年09月13日

システムダウンによる業務停止による被害を抑え、事業の継続性を確保するためには、「重要な業務を中断させない」「企業資産であるデータの損失や破壊を防ぐ」「中断した場合には優先度の高い業務から順次再開し損失を可能な限り防ぐこと」が重要です。
サイオステクノロジーでは、こうしたニーズに対応すべく、データレプリケーションソフトウェア「DataKeeper」と、HAクラスターソフトウェア「LifeKeeper」による事業継続ソリューションを提案。自社の事業継続計画に応じて、求められる信頼性とコストとのバランスのとれた製品ラインナップを用意しています。
本資料『事業継続ソリューション製品のCDPについて』では、上記の2製品の概要や機能を紹介します。

<主な内容>
○DataKeeper Standard Edition(データレプリケーション機能に特化した低価格製品)
○DataKeeper Cluster Edition(Windows Server 2008 Failover Cluster / Windows Server 2003 Cluster Serviceを非共有ディスク型で構成)
○Windows Server 2008 Failover Cluster + Hyper-VとDataKeeper Cluster Editionの連携
○LifeKeeperとの組み合わせで実現するCDPソリューション

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]