ホワイトペーパー

Hyper-Vと連携した低コストでできる障害対策

サイオステクノロジー株式会社 2010年09月13日

Windows Server 2008では、Windows Serverフェールオーバー・クラスタリング(WSFC)を柔軟に構築できるツールが提供され、障害検知やサーバー切替を自動的に行えます。

しかし、実際には、高価な共有ストレージが必要になるために、導入を躊躇されるケースも多いようです。「DataKeeper for Windows Cluster Edition」を利用すれば、WSFCと完全に連携し、共有ストレージを必要とすることなくデータをバックアップすることが可能になります。

本資料『Windows Serverのデータ保護』では、「DataKeeper for Windows Cluster Edition」の特長、パフォーマンス、導入事例をまとめたプレゼンテーション資料です。「低コストでできる事業継続ソリューションを探している」「Hyper-V環境での障害対策を必要としている」といった情報システム部門の方、必見の資料です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]