ホワイトペーパー

リモート拠点間クラスタリングでシステム障害に備える

サイオステクノロジー株式会社 2010年09月13日

Windows Server 2008では、Windows Serverフェールオーバー・クラスタリングを柔軟に構築できるツールが提供されています。これにより、リモート拠点間でのクラスタリングを行えるようになり、アプリケーションの可用性と事業継続性を大幅に向上できます。

また、DataKeeperは、Windows Server 2008フェイルオーバー・クラスタリングとシームレスに連携(共有ストレージ不要)することで、WAN環境でも適用可能なレプリケーション・ソリューションとなっています。

本資料『Windows Server 2008による、リモート拠点間クラスタリング』では、Windows Server 2008フェイルオーバー・クラスタリングの新機能をはじめ、WAN環境に適合したDataKeeperの特長、WAN環境での構成例等をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)