ホワイトペーパー

【比較資料付き】メールシステムをクラウド化する際に解決しておくべきことは?

サイオステクノロジー株式会社 2010年12月13日

メールシステムは、いまや企業の基幹システムといっても過言ではない。本格的なクラウド時代を迎え、メールシステムをクラウド化(Google Apps等)したいという企業・団体が増えている。

しかし、クラウド化の際には、以下のような解決しておくべき課題も多い。

●ID管理の複雑性への対応
●アクセス範囲の拡大による、セキュリティ上の問題
●システム毎のログインによる、作業効率の低下
●メールシステムや個人のスケジュールと他のシステムとの連携
●問題発生時の解決方法、そのときの連絡先。問題解決までの迅速さ
●他システム(Lotus Notes/Exchange等)からのデータ移行

こうした課題を解決するには、豊富な実績に裏打ちされた技術力やサポート力が要求される。

本資料「SIOS Integration for Google Apps」は、150社以上の企業・学校(45万アカウント以上)へのGoogle Apps導入実績を誇るサイオステクノロジーが提供する「Google Appsインテグレーションサービス」の概要だ。

上記の課題を解決するためのソリューションをはじめ、移行事例、さらには、Google Appsと競合する他のクラウドサービス(BPOS)との比較資料も含まれている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]