ホワイトペーパー

劇的V字回復を支えた社員の意識改革--新生JALの情報システム刷新はいかに行われたか

株式会社ドリーム・アーツ 2013年06月04日

破綻から2年8カ月という短期間で再上場を果たし、新たなスタートを切った日本航空(JAL)。

その再生の過程で情報システム部門が求められたのは「競争力を生み出すための、新たなITシステムを導入すること」。そして、情報システムの刷新の中で極めて重要な役割を与えられたのが「情報共有のためのポータルシステム」だ。

国内外の3万人ものスタッフの情報共有は航空業ならではの課題であると同時に、再生途上のJALにとっては、部門を超えたスタッフ間のコミュニケーション、経営から社員に向けた効果的なメッセージの伝達が復活のカギになるからだ。

本ホワイトペーパーでは、情報システムおよび総務の部門長、そして現場社員のインタビューなどから、情報共有基盤導入の過程および効果の詳細が説明されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]