ホワイトペーパー

本部と各店舗間の緊密な連携で「キャリア戦国時代」を勝ち抜く--KDDIとauショップ事例

株式会社ドリーム・アーツ 2013年06月04日

KDDIは移動体通信の分野で「au」のブランドを持つ。同社では激しさを増す競争を勝ち抜くため、全国に8600店舗を有し、販売力の要となる「auショップ」の強化については優先順位の高い事項として取り組んでいるという。

その強化を実現するためには、KDDIとauとの間でやりとりされる大量の情報をスムーズに共有し、参照しやすい形で管理するための新たな情報共有基盤が必要とされていた。

既存システムの作り直しや、パッケージ製品、クラウドサービスなども視野に入れた結果、多店舗マネジメントに特化したクラウドサービス「Shop らん」の導入に決定した。
その背景にはどんな強みがあったのか。詳細は本ホワイトペーパーでご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)