ホワイトペーパー

仮想化、そしてクラウド化が進むデータセンターのセキュリティを担う「Trend Micro Deep Security(TM)」

トレンドマイクロ株式会社 2010年09月28日

 過去5年間に、主に物理サーバをベースとしてきたデータセンターのコンピューティングプラットフォームは、大きなテクノロジの変化を遂げた。ほとんどの組織は、データセンターでの作業量の一部またはすべてを仮想化し、これまでシングルテナントつまり単一目的で使用されていた物理サーバを、マルチテナントで使用できるようにしている。

 Gartner Groupは、これから2011年までに仮想マシンのインストールベースは10倍以上に拡大し、2012 年までにx86 サーバでの処理の大半は仮想マシン内で実行されるようになると予測している。では、その大きな変化を遂げた環境をどう守るのか。

 トレンドマイクロは、こうした課題に対して、「Trend Micro Deep Securityソリューション」で応える。このソリューションはシステムの自己防衛を可能にして、機密データの保護を支援し、アプリケーションの可用性を維持するために最適化されている。そして現在の厳しい経済状況で運用コストを低減するために役立つという。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]