ホワイトペーパー

ソフトバンクテレコムは、どのように在宅勤務の基盤にセキュリティを実装したのか

トレンドマイクロ株式会社 2011年09月06日

ソフトバンクテレコムはグループを挙げて仮想デスクトップを導入し、後に事業化を決定しています。ここでのセキュリティ対策として、トレンドマイクロがサービス事業者向けに提供する『Trend Micro Service Provider License』(SPL)が大きな役割を果たしました。本資料では、セキュリティを導入する際の同社の課題や、導入後の効果をご覧頂けます。

同社はグループ各社を挙げてデスクトップ環境をサーバに集約した際、セキュリティ対策も一本化しており、複数の製品からトレンドマイクロの「ウイルスバスター コーポレートエディション」を選定。実際の利用数に応じて、その分だけのライセンス利用量を月額で支払うことができる「Trend Micro Service Provider License」(SPL)が利用できたことも決定を後押ししました。

詳細については、ダウンロードでご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]