ホワイトペーパー

日立サーバにおけるトレンドマイクロ「Trend Micro Deep Security」の検証結果

トレンドマイクロ株式会社 2011年12月19日

本資料は、仮想PCでのセキュリティとパフォーマンスの両立に関する検証資料です。

 従来のウィルス対策ソフトを仮想化環境で利用する場合、スキャンや定義ファイルの更新が複数の仮想PCで同時に行われ、仮想化基盤となっているサーバに大きな負担をかける問題が報告されています。
 
 これに対する解決策の1つに、トレンドマイクロが提供するTrend Micro Deep Security(以下、Deep Security)があります。仮想環境での動作を考慮しており、これまで利用者側で行っていたウィルススキャンの実施やパターンの更新を、管理者側で一括管理することが可能です。

 本検証は、Deep Securityでの処理性能や設計方法等の資料を採取するため、日立製作所 プラットフォームソリューション事業部 プラットフォームSI本部 産業・流通PSI部とトレンドマイクロが共同で実施しました。ウィルス対策機能の性能面での評価結果について、詳細な報告がまとめられています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]