ホワイトペーパー

実例をもとに攻撃を受けている事が発覚した5つの「あるある」を紹介!これでも大丈夫と言いきれますか?

トレンドマイクロ株式会社 2012年11月02日

実際にあった「標的型攻撃」の事例を参考に、標的型攻撃を受けていたことが発覚したいくつかのケースを用意した。あなたの会社に似たような現象は起きていませんか?
もし起きていたとしたら、サイバー攻撃をうけている事を疑わなくてはいけません。
みなさんは大丈夫と言いきることができますか?

Qその1
セキュリティ対策に力を入れているにもかかわらず、社外秘の情報が漏れた/製造業:新製品の企画書漏えいの場合。。。

Qその2
うちの社員は深夜に働いている? 製造業:深夜のサーバアクセス~Domain Admin権限が奪取された場合。。。

Qその3
サーバでよくわからないプロセスが実行中。ググってみても原因不明。。。

Qその4
「見覚えのないファイル」は、すでに攻撃が実行されている兆候の可能性あり--サーバの変更管理は必須の対策。。。

Qその5
対応すべきセキュリティ要件は増える、デバイスも増える、リソースは増えない。。。


詳細と対応は資料をDLの上ご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]