ホワイトペーパー

VMware HAやDRSを標準搭載! クラウド移行で注目を集めるアジアN.o1国産クラウドの実力

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2018年09月03日

「ハードウェアが保守期限を迎えリプレースが必要」「Windows Server 2008などOSのサポートが終了間近」「担当者が退社してしまい構築手順がわからない」……。

VMwareを使った社内システムの仮想化が進んだことで、物理的なサーバを関するための手間やコストは大きく削減された。ただ、それでも上記に挙げたような課題が残っていて、企業の新たな悩みの種になっている。

そんななか、あらためて注目を集めているのがクラウドだ。これまでクラウドは、VMwareのHAやDRSといったシステム保護の仕組みをそのままでは利用できず、簡単には移行できなかった。だが、そうした課題を解決できる、VMwareの機能をフルに備えたクラウドが登場している。

本資料は、アジアNo.1の実績を持つ国産クラウドの特徴を紹介したパンフレットだ。重要システムの移行先としてなぜクラウドが有効なのか、経営層向けにもわかりやすく解説されている。セルフ診断ができるチェックリストも付いているので、さまざまなシーンで活用できるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]