ホワイトペーパー

全世界の社員11万5000人のユーザー情報をどう管理する?

日本オラクル株式会社 2010年02月15日

 高度なユーザー情報管理体制の構築を目指すファイザーは、米国SOX法に対応するため、全社員11万5000人の認証・管理・認可・グループ管理を行う情報基盤「Identity and Access Managementサービス」を構築。
 その基盤となる認証・認可方式には「Oracle Access Management」が採用され、情報アクセシビリティの向上とセキュリティの強化を両立しました。
 また日本法人でも、社員約6000人を対象としたID管理の自動化を行うことで、コスト削減と新規アプリケーションのセキュリティインフラの標準化が実現しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)