ホワイトペーパー

比較調査!オラクルDBアプライアンスvsマイクロソフトSQL Server導入所要時間と管理容易性

日本オラクル株式会社 2013年02月18日

企業のデータ量と、その重要性が増す中で、ビジネスクリティカルなアプリケーションのサポートのために、高可用性データベースソリューション導入の重要性が高まっています。その実現のためにはデータベース管理者への負荷の増大は避けられません。そのためシステム選択時の考慮事項としてシステムのインストール・運用管理・サポートの簡便性が注目を集めています。

本資料は「Oracle Database Appliance」 と 「Microsoft SQL Server」の比較テストを実施することで、これら2つのソリューションの生産性における違いを特定することを目的とし実施した調査の報告書です。

本調査によれば、 「Oracle Database Appliance」は「Microsoft SQL Server」に対して、導入初年度で約835時間、その後はシステム耐用年数に至るまでの毎年で約669時間の時間が節約されるとの結論が導き出されています。

具体的な調査結果、また「Oracle Database Appliance」採用によるメリットは資料をダウンロードの上ご参照ください。

なぜ、「Oracle Database Appliance」がデータベースの可用性向上の最適解と言えるか。
その答えがここにあります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]