ホワイトペーパー

インフラのボトルネックはストレージ!?需要度を増すストレージ投資をいかに最適化すべきかの勘所

日本オラクル株式会社 2014年12月18日

サーバー仮想化がコンピューティング・リソースの有効利用を可能にした一方でITインフラにおける課題はストレージに集約されつつある。ストレージ基盤の適切な選択は重要さを増す。ストレージへの投資効果を最大化するには、リソースを集約し最適化しながら再配分するストレージ統合が避けられない。しかし、既存のストレージ製品のテクノロジーでは十分とは言いがたい状況だ。こうした中、オラクルが新たに投入したオールフラッシュSANストレージ「Oracle FS1 Flash Storage System」は、ストレージのI/O管理に新しい視点を盛り込んだ先進機能でストレージ統合の諸問題を解決する切り札となるだろう。

詳細は資料をDLのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]